CBDグミの違法性・大手製薬会社でも合法性を認めている

CBDグミの違法性・大手製薬会社でも合法性を認めている

CBDはカンナビジオールの略称で、ヘンプに含まれる成分です。

このために「違法なんじゃないか」と思われる方も多いですが、大麻に含まれている成分だとしても、日本国内においてCBDは違法ではないと言われます。

なぜ違法ではないとされるのか、下記では、その理由をみていきましょう。

まず、合法だとされる最有力な理由は、THCが含まれていない点にあります。

THCとCBDはどちらも、ヘンプに含まれる成分です。

しかし、どの部分から抽出するかで違いが生じます。

名前だけではなく、THCとCBDでは人体に及ぼす効果も違ってくるのです。

THCの効果をみてみましょう。
・陶酔感
・感覚刺激
・心地よい感覚の創出

ただし、良いことばかりではなく、精神の不安定や被害妄想を作り出す可能性があります。

このような特徴から、THCは国内において「麻薬」として扱われています。

対して、CBDの方は比較的精神面への悪影響が少なく、違法ではないとされているのです。

国内で利用できるCBDオイルは、THCが検出できないレベルまで除去されているため、安全で合法となっています。

ただし、CBDオイルも常に合法なわけではありません。

特に日本産と書かれているオイルは要チェックです。

「日本産なら安心・高品質だよね」と誤解されるかもしれませんが、国産のBCDオイルは違法です。

現在の日本にはヘンプ取締法が存在し、大麻に対する色々な扱いを定めています。その条文の一つによって、CBDオイルの国内製造が禁じられているのです。

つまり、日本で作られたCBDオイルは全部違法か、外国産のオイルを「国産」と表記している偽物にすぎません。

このことから、国産をうたい文句にしているオイルを売っているショップは、全く信用できないと考えて差し支えないでしょう。

当然、詐欺を目的にしている可能性もありますし、ちゃんと手に入っても違法品ですから、やはり警察の取り調べの対象になる可能性はあります。

他にも、このような怪しい代物には、先述のTHCが密かに混ざっていたりと、色々なリスクが考えられます。

また、成分を抽出する部位によっては、違法になるおそれがあります。

認められているのは、茎や種子から取り出したCBDで、こちらは合法です。

対してヘンプ草の花や葉、根を使った場合は違法になりますから、これに気付かずに使用をすると、逮捕される可能性がでてきます。

もちろん、知らなかったでは済まないと予測されますから、信用性の高いショップを選ぶことが重要です。

感想:CBDは大手製薬会社でも合法性を認めており、予想と違っておどろきました。
健康への問題などは気になりますが、特に影響なさそうなら使ってみたい気もします。